HOME>オススメ情報>産み分けをしてより理想的な家庭を築こう!

産み分けをしてより理想的な家庭を築こう!

カレンダー

産み分けの方法もいろいろある

産み分けは、希望の性別の赤ちゃんを授かるための方法です。体外受精での着床前診断や、精子を遠心分離させてX精子とY精子に分けて女性に注入するパーコール法、男の子、または女の子を授かりやすいタイミングで性交をするタイミング法など、様々な方法があります。タイミング法では、さらに確率を上げるために、女性の膣内に挿入する産み分けゼリーというアイテムを使う場合もあります。
産み分けは自己流で行う夫婦も多いですが、最近では産み分け指導を行っている病院もありますので、真剣に考える場合は、病院を受診して指示を仰ぐ方法が良いでしょう。

産み分けして良かったこと

妊婦

希望じゃなくても後悔しなかった

産み分けは100パーセント成功するわけではないですが、もし希望の性別ではなかったときでも、出来ることはやったのだから、という満足感が得られるので、後悔することは少ないです。

義実家からのプレッシャーから解放された

夫の実家から、どうしても跡継ぎの男の子を産んでほしい、などのプレッシャーを与えられることは少なくありません。産み分けを行うことでそのようなプレッシャーから解放され、義実家との仲も円滑になったという人もいます。

男女ともの良さを知れた

産み分けは、第二子から行う夫婦が多いです。第一子と違う性別を希望して成功した場合、男女どちらもいることでバランスも良く、男女どちらの可愛さも知ることが出来るというのも、良かったことの一つとしてあげる夫婦が多いです。

子供を心から愛せた

お腹の子が男の子、または女の子だったら可愛がれるか心配、という人は実は多いものです。そのような心配から解放され、妊娠中から子供を心から愛せた、というのも、よくある声の一つです。